とあるプログラマーの日記

不定期にプログラマーの思いを綴ります。

#婚活 205人目の婚活女とお茶してきた

f:id:freelike:20180923174641p:plain

今日は婚活女子とお茶してきた。


相手の年齢は40代だ。


結論から言うと、

写真とは違う女が来た印象だった。


写真ではイイ女に見えたので、

40代でも会おうという気になったのだが、

来たのは本人の原型をとどめていない、

劣化した女だった。


少し面影が残っていたので、

100歩譲って下位互換の女が来たという印象だ。


会った瞬間帰りたくなったが、

ブスだからバイバイというわけにもいかず、

なんとか引きつった笑顔でお茶を共にすることにした。


何故いきなりバイバイしなかったかというと、

いきなりバイバイすると、

相手の気を悪くするし、

俺の運気に影響がしそうだから、

それは止めといてやった。


こんな女のために俺の運気を悪くしてしまったら勿体ない。

良い印象で帰ってもらおう。


まったく相手に興味が湧かなかったのだが、

とりあえず、仕事の話、

休日の話、

趣味の話などをした。


一応、一時間程度お話して、

解散した。


これくらい話して解散なら、相手も納得感あるだろう。


今回は失敗だったが、

今後の対策としては、

写真が美魔女でも40代以上とは面会しないことだ。


検索範囲からも40代は除外することにしよう。


毎週20代のピチピチなソープ嬢を抱いている俺としては、

劣化した女には欲情が湧かないし、一緒に住みたいとも思わないし、

結婚なんてまっぴらだ。


それだったら、孤独死を選ぶ。


まぁ、もともと結婚したくて婚活しているわけではないし、

ただ単に気分転換に女とお茶したいだけだ。


ただ劣化した女とお茶しても、

コーヒーがマズくなるだけだから、

もう少し若めの女を狙おう。


若い女とのマッチングは難しいけどね。


あー、明日も40代婚活女とのお茶の予定を入れてしまった。


頼むから抱く気になれるような女来てくれ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

スポンサードリンク