とあるプログラマーの日記

不定期にプログラマーの思いを綴ります。

#婚活 209,210人目の婚活女とお茶してきた

f:id:freelike:20181224172358j:plain

また2人と婚活面談してきた。

同じ日では無い。

まず一人目。

40歳くらいの女だ。

会った瞬間帰りたくなった。

いつも抱いているピチピチギャルに比べると、明らかに劣化していたからだ。

心の中でぼそっとつぶやいた。

「これでは夜は満足できないな。」

写真ではイイ女に見えたのだが、

明らかに盛られていた。

最近のカメラはデフォルトで盛り機能がついているから、

写真で判断するのは難しい。

盛り機能は婚活している身からすると邪魔だ。

会って直ぐUターンするわけにもいかず、

また無駄なお茶をすることになった。

お茶終わった後、サイトみたらブロックされていた。

お互いに気に入らなかったようで。

お互いに無駄な時間を過ごしたな。


おとといは二人目。

35歳くらいだったか。

その日はピチピチギャルとやる約束があったので、

その後の面談だ。

賢者モードでの面談だ。

発射した後での面談だったので、

恍惚感後の終始ボーっとした感じでいて、

何を話したのかさっぱり覚えていない。

なんだかお堅い感じの女だったことだけは覚えている。

そんな女と上手くいくわけがなく、

今回も無駄な時間を過ごしたようだ。

儲かったのは、カフェだけか。

社会貢献したから良しとしよう。


今日はクリスマスイブだ。

女と会う予定はない。

さっき松屋で牛鍋定食660円を完食してきたところだ。

あれはリーズナブルで美味い。

松屋よ永遠なれ。


婚活は続けているが、

正直懐が頼りない。


結婚するなら、できれば3億円以上持っていたいところだが、

まったく足りない。


昼飯が松屋レベルだから、俺のマネーはたかが知れている。


3億円あれば、利回り5%だとすると、

毎年1500万円は利息で入ってくる。


それなら結婚生活は心配ないだろう。


もう俺の人生も残り少なくなってきた、

はやく目的を達成したいが、厳しい現実のみが、目の前に立ちはだかる。


そういえば先日、過去に抱いたことのあるメンヘラ女から連絡があり、会ってきた。

結婚したらしい。

結婚したけど、旦那に不満があるらしく、相談に乗って欲しいとのことだった。


相手は婚活サイトで知り合った男で、2ヵ月くらいでスピード婚したらしい。


そんな相手のこともワカラン状態で結婚したら、トラブルになるに決まってるだろ。

相変わらずアホな女だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

スポンサードリンク