とあるプログラマーの日記

不定期にプログラマーの思いを綴ります。

そういえば、ブログ書くの忘れてた

f:id:freelike:20180701022046j:plain

忘れていたというか、何か大変なことがあったり、

落ち込んだりして、

急に何か思いを吐露したくなったときに書くほうが、

何となくイイ感じな記事。。になることが多い気がする。

それは他者にとってではなく、

自分として納得できる記事になる、ということだ。



とりあえず、リクエストがあったので、

久しぶりに記事を書いてみることにした。



近況なのだが、最近は婚活していない。

過去に婚活アプリとかで200人くらいお茶等したのだが、

ダケるとこまでいくのは、ひと桁だった気がする。



俺はダクのが好きだから、

ダケるかどうかワカラン女に会うのは

時間の無駄だという結論に至った。



200人くらいと、お茶したのは時間の無駄だったなと思う。



お茶にこぎつけるまでもかなりの時間を要するのだ。

以下のことをしなければならない。



1.婚活アプリに課金する。

2.イイねする。

3.マッチングする。

4.3回くらいアプリでやり取りする。

5.line交換する。

6.lineで3回くらいやり取りして、お茶の約束する。

7.お茶の当日、予定通りで大丈夫か確認lineする。

8.カフェを予約する。

9.待ち合わせする。

10.会って見た目を確認する。

11.カフェに移動する。

12.カフェで他愛のない話を1時間くらいする。

13.ホテルに連れていく。(これは大抵失敗する。)



という風に、かなりの労力と時間を要する。

12までいかないことも多々ある。



アホらしくない?



アホらしくて、最近は婚活アプリに課金することすらしていない。



ダカせてくれるのなら、

俺の残り少ない人生(時間)を使っても良い。



だが、ただ話をするだけなら、会いたくもない。

正直、趣味の合わない女と話をするのは苦痛なのだ。



というか、話をするのが苦痛だ。

俺はB型だから、

妄想の世界で生きるのが好きなのだ。

あくまで頭の中での世界だ。



いちいち言葉にするのが面倒なのだ。

言葉にするのは仕事の話だけでイイ。



とりあえず、

俺がダキたいときにダカせてくれて、

それ以外の時間は俺に構わず、

テレビでも観ていて欲しい。



俺は女をダクのが好きだ。

だから目的だけを忠実に達成させてくれる、

ソープ嬢に課金するのだ。



じゃぁ、また。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


スポンサードリンク