とあるプログラマーの日記

不定期にプログラマーの思いを綴ります。

#人生 が #退屈 すぎて #辛い 。

f:id:freelike:20170826120816j:plain
やばい、退屈すぎて辛い。



俺は、いま2カ月ほど仕事を休んでいる。

7月だけ夏休みにして、

8月は働くつもりだったが、

うまく8月開始の案件にもぐりこめなかった。

仕事開始は9月からとなっている。



ここ最近の俺は、

独り暮らしのワンルームマンションで、

朝、目を覚まし、

天井を見て、

今日は何をやろうかと考える。

特にやりたいことは無い。

やらなければならないことも無い。

なにもすることが無いという絶望感に襲われる。

なにもすることが無いというのは辛いことだ、

ということを、身をもって感じている。



次の仕事まで間があるので、

沖縄旅行でもやろうかと思って予約した。

しかし行って何するんだ?

俺は特に景色に感動する人間でもない。

食に期待するか?

沖縄で食べたいものと言えば、

ステーキくらいしかない。

ステーキなら都内でも食える。

沖縄に行っても、

沖縄内で行きたい所が無いから、

結局カフェに行って、

スマホでも見ているだけ、

の状況が予想される。

それなら近所でもできる。

行く意味がないと思い、キャンセルした。

キャンセル料は1万円チョイだ。

もったいなかった。

衝動的に予約すべきではなかった。



ほかのやりたいことを探してみる。



アニメでも観るか?

だが、あれほど好きだったアニメも、

いまやDVDレコーダーに録画してるだけで、

消化する気力が無い。

めぼしいアニメは録画する癖がついているから、録画だけはしている。

だが、観る気はしない。

その理由は、

単純に飽きた、

面白くない、

観ても時間の無駄に感じる、

からだと思う。

暇なのに時間の無駄感を感じるのは奇妙だが、

やはり何か行動するなら、

意味を見いだしたいのだ。

アニメを観て、ワクワク感が出てくるなら、観る意味はあるだろう。

しかし今の俺にとって、

アニメを観ることは、

お経を聞くのと同じくらい、退屈なのだ。



映画もだいたいアニメと同じ理由で退屈だ。



そうだ、

俺にとってお経のような趣味は、

全て不要なのだ。



最近の俺にとっての、

お経のような趣味に、

アニメ、映画、旅行

が入りつつある。

全て退屈に感じる。



いまの俺にとって本当に楽しい遊び、

ワクワク感がするのは、

女遊びくらいか。



だが、これには多大なカネがかかる。



だから、稼ぎ続けなければならない。



生きるというのは辛いものだ。



退屈が人間にとって苦痛に感じられるように出来ているからだ。



だから常にワクワク感を探し続けなければならない。



それは死ぬまで続く。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


スポンサードリンク