読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるプログラマの日記

不定期にプログラマの思いを綴ります。

175人目の ペアーズ 女子とデートしてきた

デート

f:id:freelike:20170402165750j:plain
今日は、

渋谷の某電機店前での待ち合わせ。

渋谷に向かっている途中に、

今日会う予定の女子からLINEが来た。

10分程度遅れるらしい。

今日はドタキャンはなさそうだ。

安心した。

先に着いたので、

お手洗いを済ましておくことにした。

なるべくトーク中には、

お手洗いには立ちたくない。

お手洗いは大抵、

トーク終了間際に儀式的に使う。

お手洗いから、戻って来たときは、

トーク終了の話を、

切り出しやすいからだ。

そして、女子から到着のLINEが来た。

すかさずLINE電話を返して合流する。

女子が現れた。

アラフォーだが、

グラマーって書いてたから、

期待していたが、

期待通りの巨乳が登場したので、

テンション高まった。

たまにプロフ上の自称グラマーでも、

ただのデブが来るときあるから、

始末に終えない時がある。

俺は、

いつもの御用達カフェに女子を誘導し、

トークを開始した。

女子は銀行員だった。

俺は銀行員とは、

社内結婚するものだと思っていたが、

そうでもない人もいるらしい。

気付かれずに、

たまに巨乳をチラチラ見ながら、

するトークは楽しいものだ。

聞いたところ、

この女子もあまり趣味はなさそうだった。

休日は人と会ったりすることが、

多いらしい。

あと、旅行とか。

飲むのも好きだと言っていた。

トーク全般的に、

女子の身の上話が中心だった。

俺は特に語るほどの人生ではないから、

話題としては、

ちょうど良かったのだが。

トークが終わったあと、

カラオケ屋さんに連れてって、

手を出そうかとも思ったが、

珍しくナイスバディの女子だったので、

戦略ミスで失うのは惜しい。

次会ってくれるかは不明だが、

手を出すのは、

次回に先送りすることにした。

なんたって巨乳女子とは話すだけで、

興奮するし、楽しいからだ。

巨乳に乾杯だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村


スポンサードリンク


ペアーズ