とあるプログラマーの日記

不定期にプログラマーの思いを綴ります。

ラ・ラ・ランド

f:id:freelike:20170225160318j:plain

今月で無職は終わりなので、

無職の立場を生かして、

ラ・ラ・ランドを公開初日の最初の回で観ることにした。

期待通りに面白かった。

ライアン・ゴズリングはラブアゲイン以来のファンなので、注目していたのだ。

観た感想としては、夢と現実はこうも違うのね、ってところだ。

映画は人々の夢を壊してはならない。

映画は希望でなければならない。

現実での夢は遥か遠い。

俺の夢はお金持ちという、身も蓋もない夢だが、現実では、まだまだ叶いそうもない。

それどころか、来月からの仕事がこなせるのか?という不安しかない。

新しい職場に行くときは常に不安がつきまとうものだ。

職場の人たちとうまくやっていけるだろうか?

仕事はお客様の期待に応えられるだろうか?

妥当と思われるスケジュールを提示してくれるだろうか?

仕事が好きになれるだろうか?

通勤に使う電車は混まないだろうか?

職場のトイレは並ばなくて大丈夫だろうか?

とりあえず勤務初日に職場の椅子に座ることだけを頑張ろう。

座ればあとはなんとかなる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


スポンサードリンク